間違って閉じたタブはshift + ctrl(cmd) + Tで復帰できる

Author:
chrome-shortcut

知っている人は知っていると思うし、知らない人は知らないショートカットキー。
Chromeのタブを誤って閉じた場合、shift + ctrl + T(Macの場合はshift + cmd + T)で復旧できます。
これ知っておくとけっこう便利。

Macだと上部にメニューが出るからそこにショートカットキー書いてあるけど、windowsの場合書いていないのですよね。
だから気づきにくかったりするのです。

が、ここに書いてあるとおり、
Chrome のキーボード ショートカット
Chromeには豊富なショートカットキーが用意されています。
ctrl + 1~ctrl + 9でタブ移動できるとかなかなか知らないかも。

んでこのタブ復元、さらに便利なのは新しく開くのではなくてページ履歴が残っているから、戻るや進むがそのまま使えるのです。
一覧からページを開いて、新しいタブで開いていると思ってタブ閉じたら現在のタブで開いていた、なんてこともあるからその時はすぐにctrl + shift + Tして戻る押せば良い。

まあ個人的にはctrl + alt + Tだっけ、ctrl + shift + Tだっけとすぐに混同するのですが。
押し間違えても特に何も起こらないからとりあえず適当に押してみたりw

chrome、というか昨今のブラウザはメニューバーとかツールバーが無い設計なので、メニューから選択が無いから機能があることすら気づかない事も多いので、しっかりとお勉強しましょうね。

Share on Facebook
Pocket