らしたさんを囲む会に行って倉下忠憲さんを囲んできました

Author:
2015-11-28 15.15.27

昨日、作家の倉下忠憲さんが上京されるとのことで会いに行ってまいりました。
らしたさんとは一度も会ったこと無いけど、日本独立作家同盟の群雛とか、たまに興味ある問に対する回答とかしていたので、一応面識はある程度の関係だったり。

倉下忠憲さんの問に回答してみた
倉下忠憲さんの「ブログを10年続けて僕が考えたこと」を読んで考えたこと

今回場所は町田。
自分は実家も横浜線沿い、9月に引っ越す前はすぐ近くの駅に住んでいたし、そもそも町田には爺さんの墓がある。
そんなわけで自分にとって町田はもうおなじみの場所である。

が、コワーキングスペース町田も利用したこと無いしこんなレンタルスペースあったのですね。ラウンドワンより先は基本行かないからなあ。

で、参加者はお馴染みの人いたり初めましての人いたり、と様々。
なんか横浜市町田市相模原市あたりの住民が多かった気が。

内容はセミナーとかではなくお菓子を食べながら気軽な会話。
別にらしたさんを本当に囲んでかごめかごめするわけでもなく、座談会のような進行でした。

堀正岳さんか大谷大さんか忘れたが何かのハングアウトで見たことあったけど、なかなか面白い方でした。
が、時に鋭い事を言うのでびっくり。

事前に質問を考えておけ、ということでとりあえず思いついた「好きなモビルスーツは?」という質問に対し「νガンダム」という返答。
無難すぎる、というかメジャーすぎるwもっとマニアックなものが来るかと思ったのにw
僕は最近キュベレイが好きだったり。基本ZZに出てくるMSはだいたい好き。

色々な話が出てきたけど、いま出ている本の後追いでは2流にしかなれない、というのが印象的。確かにアドラーとかピケティとか、2匹目のドジョウを狙った本って非常に多いですよねえ。
が、そういうのは一時的なブームに過ぎなくて、1年もすれば忘れ去られてしまう存在だったり。

紙の本には確かにある底の興味はあるものの、そういう本を出したいか?というとうーん、というところか。

倉下さんと言えばevernoteだけど、最近自分はevernote使わなくなってきた。
アップデートも多くてインターフェースがころころ変わったり、似たようなツールも増えてきたし。
エディタも最近はPHPStormがエディタ代わりになってるし、モレスキンというアナログに戻ってきたりしてるし。
CotEditorのようなシンプルエディタでよく頑張りますね、という印象。
縦書きができるのは確かに良いけど。

二次会は塚田農場へ。
ここでも色々と盛り上がりました。
ぶっちゃけトークとかできて面白かったです。

僕は今のところ執筆活動はしていないものの、
来年も2冊くらい電子書籍出したいな、と思ってるからいい刺激を受けました。

お疲れ様でした!

Share on Facebook
Pocket