windowsのsshクライアントはどれがいい?

Linuxサーバーにsshするためのクライアントソフト、windowsではなかなかこれっていうものが見つからなかったりするんですよね。
が、2019年の今ではかなり選択肢が増えていたり。
いくつか紹介してみましょう。

PowerShell

windows用のopenssh入れれば普通にsshできます。充分使えるけど、なんでこれデフォルト背景色が真っ青なんですかね。
設定メニューが少なかったりするのが難点。

TeraTerm、putty、poderosa、mobaXTerm

まあおなじみのやつ。これで満足いくならこれでいいかと。
TeraTermはかれこれ10年くらいの仲ですが、iniファイルしかないから色設定がしづらかったり、puttyは新しいセッション作るたびに色設定とかしないといけないであまり好きじゃない。

mintty、cygwin、mingw

windows上でbashを動かす基本的なソフト群。悪くはない。windows領域も触れるし。
ただデフォルトのフォントとか、地味にいじらないとちょっと使い勝手悪いかも。

git bash

中身はminttyと一緒だよねこれ。

Visual Studio Code、Intellij IDEA

他のソフトのおまけ。それなりに良いけど、ショートカットキーが干渉するのが残念。
んで、ターミナル部分だけフローティングできないのが難点か。

VM

LinuxサーバーをVMで立てて、そっちでターミナル作業をする、と。
まあ良いのだけれど、VMからwindows領域見れないからなあ。
悪い選択ではないかと。

WSL

Windows Subsystems of Linux。bash on windowsって呼ばれてたやつ。これが最近良い感じ。
自分は後述のgnome-terminalが使えるのに気づくまでpenguin(WLinux)でsshしてました。
これも設定がしょぼいのが残念。

gnome-terminal等

いわゆるLinuxディストリビューションで動くターミナルアプリ。
windowsじゃ使えない、と思いきや仮想Xサーバーを使えば動かせるではないか。

というわけで自分はpenguin(旧WLinux)とX410っていうソフトを組み合わせてterminatorを使っています。
有料なのが会社で使いづらいかもしれないけど、個人的におすすめ。
会社の都合で使えない場合はWSL(Ubuntu)+Xmingの組み合わせでいけるはず。

設定メニューも豊富。Linuxの標準ターミナルなんてそもそも本家ですからね。
試してないけどtildaとかも使えるのかな。yakuakeは使えなかった。
Linuxベースなのでコピーはctrl+shift+c、ペーストはctrl+shift+vになります。ctrl+cはSIGTERMですね。

まとめ

というわけで自分はterminatorを使ってます。
いちいちpenguinとX410をいちいち立ち上げないといけないけど、まあその分の価値はあるのでお試しあれ。