Linux terminalの色と格闘する

windowsにしろMacにしろ、デフォルトのターミナルカラーが気に入らない。
黒い背景に青いディレクトリカラーとか、赤い文字とかが全然読めないのだ。
というわけでこれをどうにかする。

まず基本的に、色で困るのはlsした時のディレクトリ色とvimで開いた時のコメントの色。

で、ソフト側の配色設定を変えれば基本どうにかなることが多いのだけれど、ソフト側で変えられるのは16色。
しかしディレクトリ色は256色設定可能。
というわけで、ソフト側を変えたのに変わらないってことがたまにある。
centOSとかそうだった気が。

この場合LS-COLORSとかで変えればいいです。
が、その場合全ユーザー、全サーバーに適用が必要。共用サーバーじゃやりづらい。

で、結局自分はどっちも変えてます。

まずはLS-COLORS。
これを環境変数に設定するとls --color=autoの色が変わる。
自分は最近こんな感じにしてます。
どっかから引っ張ってきたので無駄なのも多いけど。

LS_COLORS='rs=0:di=1;35:ln=01;36:mh=00:pi=40;33:so=01;35:do=01;35:bd=40;33;01:cd=40;33;01:or=40;31;01:su=37;41:sg=30;43:ca=30;41:tw=30;42:ow=34;42:st=37;44:ex=01;32:*.tar=01;31:*.tgz=01;31:*.arj=01;31:*.taz=01;31:*.lzh=01;31:*.lzma=01;31:*.tlz=01;31:*.txz=01;31:*.zip=01;31:*.z=01;31:*.Z=01;31:*.dz=01;31:*.gz=01;31:*.lz=01;31:*.xz=01;31:*.bz2=01;31:*.bz=01;31:*.tbz=01;31:*.tbz2=01;31:*.tz=01;31:*.deb=01;31:*.rpm=01;31:*.jar=01;31:*.war=01;31:*.ear=01;31:*.sar=01;31:*.rar=01;31:*.ace=01;31:*.zoo=01;31:*.cpio=01;31:*.7z=01;31:*.rz=01;31:*.jpg=01;35:*.jpeg=01;35:*.gif=01;35:*.bmp=01;35:*.pbm=01;35:*.pgm=01;35:*.ppm=01;35:*.tga=01;35:*.xbm=01;35:*.xpm=01;35:*.tif=01;35:*.tiff=01;35:*.png=01;35:*.svg=01;35:*.svgz=01;35:*.mng=01;35:*.pcx=01;35:*.mov=01;35:*.mpg=01;35:*.mpeg=01;35:*.m2v=01;35:*.mkv=01;35:*.webm=01;35:*.ogm=01;35:*.mp4=01;35:*.m4v=01;35:*.mp4v=01;35:*.vob=01;35:*.qt=01;35:*.nuv=01;35:*.wmv=01;35:*.asf=01;35:*.rm=01;35:*.rmvb=01;35:*.flc=01;35:*.avi=01;35:*.fli=01;35:*.flv=01;35:*.gl=01;35:*.dl=01;35:*.xcf=01;35:*.xwd=01;35:*.yuv=01;35:*.cgm=01;35:*.emf=01;35:*.axv=01;35:*.anx=01;35:*.ogv=01;35:*.ogx=01;35:*.aac=00;36:*.au=00;36:*.flac=00;36:*.mid=00;36:*.midi=00;36:*.mka=00;36:*.mp3=00;36:*.mpc=00;36:*.ogg=00;36:*.ra=00;36:*.wav=00;36:*.axa=00;36:*.oga=00;36:*.spx=00;36:*.xspf=00;36:'; export LS_COLORS

次にvimの色。
これはcolorschemeで変えればいい。
.vimrcとかにcolorscheme elflordとかつければいい。

んで、ターミナル色ですが、最近はこの配色にしてます。
https://github.com/Mayccoll/Gogh/blob/master/themes/chalkboard.sh
このリポジトリ、他の配色も色々書かれているので見てみると良いですね。

そんなわけで、色問題で困ったときは参考にしてください。