個人サイトでどこまで冗長化させるか

Author:
031

このブログはレンタルサーバー一箇所に置いています。
DBサーバーも一箇所です。
だから、どっちかが落ちたらアウトとなります。

仕事では当然ながら冗長構成、要は複数台で運用となっているため、片方のサーバーが落ちてももう一個のサーバーが生きていれば閲覧できます。

さて、個人サイトではどこまでやるべきでしょうかね。

この週末GMOさんところでサーバー障害が発生して管理画面にログインできなくなったとか。
一部はサイトが見れなかったりメール障害も出たのかな。

他にもたとえばロリポップだけじゃなく、さくらにサービスを置いておけば片方が死んでもすぐに復旧できる。
ぜんぜん違うサーバーだからガチでロードバランシングしたら構築が難しい気がするけど。
まあ常時冗長構成にしなくても、どっかのサーバーをhtaccessとかで普段は弾いておいて、htaccess外せばすぐに使える、なんて手段も用意しておくなんて方法もある。
クラウドとかVPSならここら辺得意分野ですな。レンタルサーバーだと勝手にお金とられるけど、クラウドやVPSは電源落としておけばいいのだから。

僕の場合はIDCFクラウドやさくらVPSを契約しているので、そっちにwordpress構築し直せばすぐ復旧可能。
毎日DBバックアップしてるわけじゃないから管理画面やphpmyadminに入れないとちょっと困りますが。
でもDBサーバーが生きていればクラウドからmysqldump叩けばいいだけか。

まあ個人のブログレベルでそこまでやるのもどうかとは思いますが。
完全にインフラの知識が必要となりますし。
が、それでも落としたくないサイトがあるのなら考えてみるのもいいかと。
僕らインフラもできる人間ならともかく、エンジニアでも無い人には無茶苦茶な話ですがね。

まあもう一つくらいサーバーを契約しておけば、ドメインのDNSの向き先を変えるだけでそっちのサーバーを見れるってのは覚えておくといいですよ。

誰でもWebサービスとかブログとか作れる世界になってしまった反面、運用っていう世界はまだまだ弱い人が多いなあと思う昨今でした。

Share on Facebook
Pocket