家庭からパソコンが消える時、会社の技術レベルが下がってく

Author:
red-arrow

昨今はパソコンを使えないまま社会人になる人が出てきているらしい。
まあ実際のところスマホとせいぜいタブレットがあればプライベートなんて十分である。
事実パソコンが不要なのだからそれを嘆いても仕方ない。
それが時代の流れなのだから。

が、ビジネスとなるとなかなかそうもいかず。
専門性の高いもの、プログラミングやプロのデザイン、作曲なんかはやっぱりパソコンが無いとどうしようもない。
ってことで今後会社というものはパソコンを教えるという教育から始めるか、パソコンを使える事が就職条件になるか、まあそんな感じになってもおかしくない。
技術はどんどん高度になっていくってのに人のレベルはどんどん下がっていくと。
なんてこったい。

が、3年もしたら他の会社へ行ってしまうような時代、のんびり教えている時間なんて無くて。
だから企業は即戦力を求める。
しかしそんな人材はそう転がっているわけもなくて。

となると、フリーランスを使うか同業の間で人がぐるぐる入れ替わるような構造になるか。
いずれにしても現状を維持、なんて世界はちと厳しそうでうな。
何も考えないでこのまま定年まで、なんてのはリスクが大きいですよ。

しっかしどういうモデルが一番今後増えていくんでしょうかね。
なぜか人が集まる会社か、どんどん人が辞めて補充できなくなる会社か二極化、ってのが個人的にはありそうなパターンかな、と思うのだけど。

Share on Facebook
Pocket