過去の栄光を上書きしよう

Author:

たぶん殆どの人が何らかで賞賛されたとか代表作を持ってたりすると思う。
会社でMVPとったとか、何かのアクセスが大きな記録を作ったとか。
でも、それはいつの話?
5年前とか、10年前とかになっていませんか?

そういう栄光ってのは確かにその当時はすごかったけど、スポーツとか世界記録ってのもどんどん更新されていくし、自分といえばこれ!が数年前だったりすると、それから今までそれを超えられていないわけですよね。


俺は3年前会社で一番の成績とったぜ!とか、それはそれですごいのだけど、それはもう過去の事なのです。今は一番じゃないって事です。
だから、過去の栄光に溺れてはいけません。
来年になったら4年前一番の成績とった、とか再来年になったら5年前一番の成績とった、とか言い出してはいけません。


栄光ってのは上書きしないといけないのです。
常に経歴や名刺を更新できるように、色々なことを探し、色々なことに挑戦していかないと、いつの間にか過去の人になってしまいます。


それが嫌ならマリオとかディズニーみたいに、全世界に知れ渡る栄光を創りだしちゃうことでしょうか。
30年たっても40年たってもマリオマリオって言われ続けるのは、見かたを変えるとそれ以上のものが作り出せていないってことですけど、もはや上書きなんてできないほどの大きい物を作り出せたってことだし、それはそれでありかと。

一般人は素直に、過去の記録を塗り替えていく事を考えるべきですね。

Facebook にシェア
Pocket