夢リストをすでに叶ったものとして書いてみる

Author:
2608-1273497191XWqX (1)

最近ちょっと試してみたことがあって。

夢リストってあるじゃないですか。
やりたいこととか100個書いてみるってやつ。

あれをすでに叶ったものとして書いてみたらどうなるかな、と。
つまり過去形で「こうなりました」と。
もっと夢は叶いやすくなるのか、それとも何も変わらないか。
ちょっとおもしろい試みではありますな。

やっぱり「何かになる」とか「何かをやる」だと曖昧というか、叶いにくいのではと。
もちろん北海道行くとか寿司食べる、とか小さいものだとそれでも叶うのだけど。
ミリオンセラーの本出す、とか豪邸に住む、とかスケールがでかくなるにつれそれじゃ叶わない気がしている。

「出した本がミリオンセラーになりました」とか「豪邸に住んでいます」という過去形、現在形のほうが潜在意識を刺激できそうな気がするのですよ。
実際アファメーションってそういうものですしね。

てか「何かになる」とかいう夢の場合は期限決めたほうがより叶うのかもしれませんな。
30年後それになれたとしてそれは嬉しいのか、という問題も出てくるし。

あとは定期的な見返しか。
もう不要になった夢も出るだろうし。

まあとりあえず現在のモレスキンが終わった頃どうなっているか振り返ってみましょうか。
半分くらい叶っていたら素晴らしいのだけれどね。

Share on Facebook
Pocket