パラレルキャリアの限界

Author:

なんだか社会人と別の仕事というパラレルキャリアをしている人が
だいたいどっちかしかできなくなっているという印象。
プライベート側に偏っている人は会社を辞めていくし、
本業に偏っている人はプライベートでやっていたことができなくなるし。

結局、パラレルキャリアなんてものは無理なのかも。

ちなみにここで言っているパラレルキャリアってのは
本業と副業両方をやっている人のこと。
普段は会社員ってことですね。
フリーランスとかの人なら一度に複数の案件を抱えることもあるでしょうけど、
それは今回の話とは関係ないです。


さて、僕自身も確かに本業とは別の作業とか少しずつ出てきているけど、
今のところ全然回せる程度。
だけどこれがもっと大きくなって、お金も発生するようになったら
社会人と両立は無理だと思う。

そうなったらフリーで生きたほうがいいと思う。
実際僕もフリーになればとか独立が向いているとか言われるし。
社会人ってのが嫌いではないけど、社会人じゃ色々と制約とかつきまとってしまうし。
理不尽なことも多いし。


なんか少し前は本業と副業を両立とかそういう話題が出ていたような気がするけど、
やっぱりそれって難しいのですよね。
エネルギーも分散するし、仕事の都合とかでプライベートをキャンセルしなくなったり。
リスクがあるからとか、片方だけじゃ難しいから、それじゃどっちつかずになってしまうのです。

片方を辞めてどっちか片方をメインにしていくってのは
やっぱりエッジが立ってきた証拠であるし、
それはそれでいいことだと思います。

あとは片方をメインにするってことに対して
自分自身決心できるかどうか、ですかね。

リスクとかなんだかんだ言ってるのは
自分に自信が無い証拠なのかもしれないですな。
やりたいことに全力を注げていないのは怖いから、
悲しいけどそれが現実なのかも。

Facebook にシェア
Pocket