箱やパッケージはどんどん捨てましょう

Author:
use-the-bin

当たり前ですが、商品というものは箱に入っています。
そして当たり前ですが、必要なのは中身です。
箱なんてものは残しておいても何の役にも立ちません。
常に箱にしまって管理するようなものならともかく、基本的にはどんどん捨てたほうがいいのです。

が、これなかなかできる人って少ないですよねえ。

商品そのものより箱のほうがでかいものは多いです。
ゲーム機なんて顕著で、ニンテンドーDSのソフトやPSVitaのソフトなんてSDカードレベル。
なのにパッケージは説明書とかのせいもあってCDサイズ。
正直かさばります。

ってことで、ソフト本体はポーチとかにでもまとめて突っ込んで、説明書を取って箱を捨ててしまえばだいぶスペースに余裕ができるのです。
しかしパッケージも含めて商品だ、と思ってしまうとなかなかそれができない。

実際自分も子供の頃とかソフトを箱ごと管理していたけど、今思うと邪魔でしたねえ。
まあ完全な状態で保存したい、と思ってしまうのは仕方ないと言えば仕方ないのですが。

最近は比較的パッケージは捨てるようにしています。
電子書籍やダウンロードソフトを買い直したりすることもあったり。
じゃないとどんどん増えてしまいますので。

好みの問題でもあり、必ずしもそうする必要は無いのですが家のスペースが無いとか言いつつこういうかさばるものばかり溜めていないか、よーく見わたしてみてはどうでしょ。

箱を捨てて中身だけ管理すれば、異常にスペースができるなんて可能性もありますよ。

Share on Facebook
Pocket