誰が見てようと、自分は自分以上にはなれない

Author:
track-practice

世の中ブログを毎日書けない、という人は大勢います。
ネタがないとか忙しいとか、人によって理由は様々ですが。

毎日書くのが是か非かはともかくとして、やっぱり毎日ブログを書くためのポイントってのはいくつかあるのですよね。
その一つが、読者を気にし過ぎない、ということです。

初めの頃は誰も見ていないからとにかく適当でも書けばいいとか思うのですが、だんだん見てくれる人が増えてきたり、ブログ読んでいますとか言う人が増えてきます。

見てくれる人が増え始めると、どうしても意識してしまうのですよね。
新しい読者に対して満足いく文章を提供できるか。
せっかく見に来てくれた読者を満足させられるか。
そういうプレッシャーを考え過ぎるとやっぱり手が止まってしまうのです。

もちろん読者のことを考えて読みやすい文章とか心に響く文章を考えるのは大切なのですが、それでうまい文章が書けないから更新しない、というのはよろしくないパターンですな。
だから読者のことを考えた文章を書くのにハードルが高いと感じたら、もっと記事のレベルを下げましょ。

誰が見てようと自分は自分以上になれない。
自分のレベル以上のものを書こうとすると疲れるだけです。
無理して読者を増やしても、結局読み応えが無ければ去っていくだけだし。
自分のレベルに合った読者数以上にはならないものです。

そういうわけで、僕はいつでもマイペースでブログ書いているから続けられるのかな―と思ったり。
土曜日の週間占いだけは見出しもつけて強調もつけてしっかり気合いを入れるけど、他の日はあまり気合いをいれないし。
楽に書けてそこそこのアクセスが稼げるからこそ火曜日はウルトラマンブログになっているし。

ってことで、まずは自分が楽に更新できるペースを知りましょう。
そこがブログ継続の第一歩なのです。

Share on Facebook
Pocket