他者のサービスはころころ仕様が変わってしまうので甘えないこと

Author:

僕らwordpressユーザーがwordpressを使うのは、
他者のサービスに寄りかからないっていうのがあるかと思います。
例えばアメブロが突然サービス内容変更します、とか言うかもしれない。
Facebookなんて今もころころUIが変わってます。

それによってプラスになるかもしれないけど、マイナスになる事も多かったりします。
なので、他者のサービスを利用し続けると、突然うまく行かなくなることがあるのです。

ニコニコ動画も最初はYouTubeの動画サーバーを使ってたけど、
YouTube側で拒否されて今の仕様になった経緯があるし。

TwitterのAPI1.1の時も色々なところでバタバタしたし、
Evernoteなんてどんどんアップデートしてだんだんワケわからなくなってきているので、
このソフト使いやすいと思っても甘えないほうがいいですよね。


特にFacebookグループで運営とか、Google+コミュニティで運営している場所は要注意。
いつ仕様が変わるか分からなくなるし。
下手したら突然無くなります、なんて事が起こってもおかしくない。

サービス提供者だってビジネスをしているわけであり、
ビジネスの拡大のためにはよりマジョリティな仕様になっていくのは仕方ないこと。
だからどうしても個人の痒いところには手が届かないのです。


もちろん、プラットフォームが用意されているのは確かに工数削減にはなるので、
それを利用すること自体は悪いことじゃないでしょう。
ただそういう運営をしたいのなら、本当はBuddyPressとかを構築したほうがいいのでしょうね。
ちなみにBuddyPressってのはWordPressをSNSっぽく使うプラグイン。
お友達機能とかいいね!とかがWordPress上でできるようになります。


サービスを自分で作れば、周りの仕様に振り回されることもなくなりますからね。
そういうWebアプリとか考えている人は、最初は外のサービスを使うのはいいけど、
いずれ自分でサービスを作る事を検討するのをお勧めします。

Facebook にシェア
Pocket