批判にさらされる、それに耐えられるか

Author:
scales-of-justice

長いことブログをやっていると、たまにはバズる。
はてなブックマークのホットエントリー入りして、一日数千アクセス来る事もあります。

が、それだけアクセスあると当然批判もあるのです。
軽い気持ちでアクセス増えろ、とか思っている人は、批判を受けても耐えられますか?
受け流せますか?

このネガコメってやつは受けるまでは気楽な気持ちでいられるものです。
批判を受けるのは色々な人に届いている証拠、とかそんなの気にする必要はない、とか思いがち。どこか他人ごとのように構えてしまう。
が、実際に受けるとダメージが大きくて。
考えないようにしていても、考えてしまうのです。
心が弱い人には非常につらいでしょうね。

ま、でも批判されて、それでも辞めずに続けられて、それでやっと一人前と言えるってのは事実では無いでしょうかね。
批判されないブログなんてまだまだ未熟なのでは、と思います。

ある意味それって試練なのですよ。
これくらいの批判にビビってるようじゃ、まだまだ未熟だな。
去年バズった時、自分はそう言われているような気がしました。

数十万アクセスとか、100万アクセスとか稼いでいる人は当然それなりの批判にさらされているでしょう。
下手したら毎日批判されているでしょう。

まだ批判を経験したことが無い人は、そういう時がいつか来るってのを心しておきましょうね。
それを乗り越えられる自信が無い人は、正直ブログに本気にならないほうがいいかもしれませんよ。

Share on Facebook
Pocket