NECやパナソニックに何が足りなかったか

Author:

NECに引き続きパナソニックもスマホから撤退するとか。
どんどん日本製スマホが消えていきますねえ。

さていったい何が駄目だったのか。
理由は一つに限らないだろうけど、とりあえず考えてみることにする。

とりあえず考えられるのは、Androidに力を入れるのが遅すぎた、ってところなのかなーと。
NECもパナソニックもガラケー時代はシェアが大きかった分、あぐらをかいてしまったんじゃないかな、と。
国内大手メーカーは基本的に動きが遅いから、時代の早さについていけなかったのでしょうか。

んで、やっぱり大手は外注とか派遣を頻繁に使うから、自社ノウハウがたまらないのですよね。
プロジェクトの間だけレンタル社員を使って開発する分、自分たちだけで開発となるとすぐに詰まってしまう。
だから結局新しい製品を作るスキルが不足する。
この点ベンチャーは自己啓発に熱心だから新しい技術を学ぶのも早い。個人でも学ぶくらいだし。
こういう人物だって大手にはいるでしょうけど、きっと活用できていないのでしょうね。


まあハードウェアの調達とか、他にも色々理由はあるでしょうけど、個人的にはなるべくしてなった、という印象。
まあもう撤退しちゃうから何を言っても遅いのですが、今後別の製品で巻き返せるのですかねえ。
どういうカードを切るかが楽しみです。

Facebook にシェア
Pocket