とりあえずやってみて、自分のレベルを知ろう

なんか年末に書いた2015年の占いのアクセスが良い感じになっているみたいで嬉しい事です。
でも個人的にはいまいちなのですよね。
もっとすごい占い書いている人たくさんいるし、自分より知識豊富な人もいるし。

でも、未熟でもとりあえず書かなきゃ始まらなかったのです。



例えば自分の実力が未熟だった場合、世間からは見向きもされないことがほとんどです。
だから出すのをためらってしまう。やっぱりいいや、って思ってしまう。

でもそれだといつになっても出せなくなる可能性が出てきます。
だからとりあえず出しておきました。
2016年の占いを書く時、2015年よりレベルの高いものを出すために。


中途半端でも未熟でも、とりあえず出しておけば、書いておけば、自分の基準ができます。
基準ができると、次の目標が明確になります。
これはどんなことでも同じで、例えば2014年はブログ100記事書いたとします。
そうすると2015年はここが基準点になり、150記事書くとか記事数は変わらなくても1記事の文章量を増やすとかの目標が出るわけです。


目標は明確化しないと達成するのは難しいし、その明確化させる基準は今までの経験をベースとするのが一番簡単です。
モチベーションが続かなくなるのは目標と現実のギャップが大きすぎるから。
なので数値を基準とした目標を建てる場合、そのギャップをできるだけ減らすように心がけましょうね。

Author Info(オガティ

エンジニアとして勤め、インフラ周りの開発を経た後Web業界へ異動。
プライベートでもブログ「ogatism」の運営や電子書籍の執筆、占星術師としての活動など幅広い分野で活動中。
詳細はこちら

占い鑑定レポート作成サービス受付中

◆ ogatismをFeedlyに登録 ◆
follow us in feedly