個人的なモレスキンの使い方

Author:
moleskine

ここ最近、モレスキンにハマっていまして。
すでに今月だけで65ページも書いているのですよ。
実際モレスキンというノートは240ページだから、このペースで行けば3ヶ月くらいでいっぱいになってしまう。
自分でも想像していないほどのペースだ。

書いている内容はくだらないことも多ければ今後に繋がることもあったりするのですが。
これが後々どんな役に立つのか分からないけど、とりあえず自分には非常に相性が良いようだ。

とりあえず個人的にこのノートをどんな風に使っているかまとめてみました。

思考を書き綴る

どうもこれ、勉強したこととか、いわゆる学生時代に取ったノートとはまったく別物として考えたほうがいいです。
メモともまた違う。
メモってのは後で見返すため、重要なポイントだけを書いてしまいがちです。
自分の人生を入れるとか言われるように、これ自分との対話なのですよね。
思い浮かんだことをただひたすらに書き綴ると良い感じに使えますね。

まとめない

本来ノートってのは後から見返した時のためにまとめるのが定番ですが、現在はまったくまとまっていません。
せいぜい日付を入れる程度。
真面目なことを書いている途中で突然お腹へった、とか別なことが紛れ込んでいたり。
とにかく思考を書き綴る。思ったことは全て書くのです。

人に見せず、出し惜しみしない

誰かに見られるかも、と思うとやっぱり書くことにためらってしまいます。
だから、誰にも見せないつもりで書く。
危険なこともエロいことも、すべて自分の感情。自分の本音。
ためらわず、出し惜しみしないほうがいいです。

きれいに書かない

綺麗に書こうとするとやっぱりスピードが鈍るのです。
思考をただ書き綴るには、スピード重視。
丁寧にする必要なんて無いです。

定期的に見返す

重要な事もどうでもいい事もすべてぐっちゃぐちゃに色々なことが書かれているので、どっかのタイミングで見返す必要があります。
いわゆる週次レビューのような感じで、定期的に見返さないといけない。
んでポイントポイントをピックアップして別なノートにまとめる、ってのをやったほうがいいのかなと最近思ったり。
タスクなんかは特に重要ですから。

まとめ

とりあえずまだ2ヶ月位しか経ってないので今後どうなるか分からないけど、今のところそんな感じに使っております。
これが未来にどんな影響を与えるか、それは未来のお楽しみでしょうかね。
乞うご期待。

Share on Facebook
Pocket