仕事の失敗

仕事で失敗とか、まあある事です。
しかし、そこでくじけてもう嫌になるか、また立ち上がる気力が湧いてくるか。
これ結構重要。
自分の向いている仕事ってのは必ずあって、それと向き合えているかという基準になります。

向いていない仕事もある

前者だった場合、それは合っていない仕事という可能性があります。
無理に続ける仕事でも無いと思います。
本当にやりたいことをやりましょう。
本当にやりたいことを探しましょう。
諦めずに。

結局人間って、どこか自分に向いているものがあるのです。
それをしっかり引き出せれば、もっと楽な仕事にたどりつける。
この楽な仕事というのは、自分らしくできるという意味。
自分の良さを活かせているということですね。

それでもやりたい、それが天職

逆に後者の場合、それってけっこう良い仕事を選べたということ。
怒られても失敗しても、それでもやりたいと思えるのなら。

実際のところ、それと向き合えていない人ってたくさんいます。
自分にはそんなの無い、と思っていても、それは自分としっかり戦っていないから。
自分を幸せにできるのは自分だけ。
それとしっかり向き合えば、必ず道は開けます。
時間はかかりますけど。

いくら失敗して怒られても、胸にある小さな光を消さないように。
いつか大きくなるのだから。

Author Info(オガティ

エンジニアとして勤め、インフラ周りの開発を経た後Web業界へ異動。
プライベートでもブログ「ogatism」の運営や電子書籍の執筆、占星術師としての活動など幅広い分野で活動中。
詳細はこちら

占い鑑定レポート作成サービス受付中

◆ ogatismをFeedlyに登録 ◆
follow us in feedly