マイナスに大きく触れるほどプラスのエネルギーが働く

Author:
plus-minus-sign

ブランコ、と呼ばれる遊具があります。
あれ、漕げば漕ぐほど揺れます。
前に漕げば後ろにも、後ろに漕げば前にさらに進みます。

これ、ある意味成功の法則でもあるのですよね。

世の中、成功者ってのはだいたい苦労も多いです。
苦労しているからこそ得られる成功も大きいのですよ。
まれにトントン拍子に進む人もいたりしますが、それでも見えない所で困った状況になっていることもあるかもしれないです。
つまりのところ、マイナスに大きく触れたからこそプラスにも大きく触れることができた、というわけです。

じゃあ、あえてマイナス方向に舵を切ったらどうなるか。
もちろん失敗に終わるかもしれませんが、大きなプラスに変わる可能性はあります。
ハイリスク・ハイリターンとか言う話です。

で。

先日、良いイメージを作り上げるには、まず悪いイメージを磨く必要があると言う話を聞きまして。
プラス方向にばかりイメージを持って行ってもうまくいかないと。
あえて意図的にマイナス方向の特訓をすることにより、振れ幅を大きくできると。
結果ものすごい良いイメージを作れると。

なるほど。。。
確かにそういう発想は無かったです。

が、これ難しい。
人間普通悪く見られたい、なんて人はいないですし。
でも確かに成功者とかはアンチも多い。
嫌われる覚悟を持って、それでも突き進めるからこそ大きな成功をつかめるわけですから。

ある意味シンプルなんだけど難しいですな。
だけどわがままに生きる、という事はもっと考えてみてもいいのかもしれないですね。

Share on Facebook
Pocket