メタデータ化される未来

Author:
metadata

漠然な書き方になってしまうのだけれども、検索エンジンというものが今後進化するには、インターネット上すべてのものがメタデータ化される必要があるのでは、と。
どこかにある誰かが書いたコンテンツ、というものに意味がなくなって、データだけが重要視される世界になるのでは、という気がする。

今iPhone6のサイズを知りたい場合、iPhone6 サイズとか検索して、どこかのホームページとかAppleの公式サイトとかが出てきて、そこへアクセスしてようやく分かる。
そんな手間をかけなくても、googleの検索結果に出てくれば手間が省けるではないか。
現在googleで1+2と検索すると自動的に電卓が起動され、3という結果が表示される。
これと同様な感じで、iPhone6のサイズと検索したら高さ138.1 mm、幅67.0 mmが出るとか。
そんな感じになっていくのではないかな、という気がしている。

上述した電卓以外にも宅急便の配達状況、路線検索、株価なんかがWebサイトを介さなくても表示されるようになっている。
Googleのサービス – Wikipedia

「1メートル ヤード」とか検索するとちゃんと変換結果が出てくるし、どんどんWebページというものが不要になってデータだけあればいい、そんな時代になってないかな?

そうなっていくと当然、Webサイトというものの意味が無くなっていく。
文章そのものさえも不要になっていくのかも。
プログラムのエラーも、お店の写真も、全部メタデータとして管理されてしまえばもっと早く、もっと的確に分かるようになる。
なんとなく思いついた世界だけど、これ十分にありえるんじゃないのかなあ。

なんか、ブログとかWebメディアの位置づけも変わってきそうなよかーん。

Share on Facebook
Pocket