適当にmetaタグリファレンスを書いてみた

なんか最近LIGさんところでプチHTML講座ってのをやってるので、
便乗してみよう。
よく使うタグとかはあっちで書かれているから、こっちはmetaタグ周りでも書いてみようか。



http-equiv


HTML文書の文字コードとか形式を書きます。
HTML4.01ではよく使われていたけど、HTML5ではもう不要となってしまいました。

generator


このHTMLを書きだしたソフトウェアが自動的に入ることが多いです。
HomePageBuilderとか昔はよくありました。
今はwordpressとかmovabletypeとかかな?

description


ページの簡単な情報が記載されます。googleは見てないとかいう噂も。

keywords


単語単位でこのページに引っかかる検索キーワードなどを記述します。
これもgoogleは見ていないとかいう噂が。

author


このページを作った人の名前です。使われることはあまり無いかな。

copyright


著作権情報を入れます。が、入れても入れなくても変わらない気も。

robot


検索エンジンにインデックスしてもらうかどうかという情報が入ります。

og:title


Facebookなどでシェアした際に自動的に入るサイトのタイトルです。

og:description


これもFacebookなどでシェアした際に自動的に入る本文です。
無いとサイトの本文が使われます。

og:image


Facebookなどでシェアした際に自動的に入る画像です。
画像が小さすぎたりするとサイト内の画像を勝手に引っ張ってきます。

twitter:card


ツイッターでURLをシェアした時に、ツイート詳細画面に出る情報です。
目立たないので知っている人少なかったりもする。

とりあえず適当に上げてみたけど、metaタグは効果あるのか無いのかイマイチ分かりづらいですよねえ。
検証してみた人とかいるのかな?

Author Info(オガティ

エンジニアとして勤め、インフラ周りの開発を経た後Web業界へ異動。
プライベートでもブログ「ogatism」の運営や電子書籍の執筆、占星術師としての活動など幅広い分野で活動中。
詳細はこちら

占い鑑定レポート作成サービス受付中

◆ ogatismをFeedlyに登録 ◆
follow us in feedly