【資格支援部】メンタルヘルス・マネジメント検定とは

Author:

メンタルヘルス・マネジメント検定はメンタルヘルスに関わる検定です。

I種~III種までありますが、I種はマスターケアコース、II種はラインケアコース、III種はセルフケアコースと一応全部別物になっています。
セルフケアコースってのは自分がメンタルヘルスにならないための知識。法律とか、ストレスの対処法とか、色々なヘルプの手段とか。
ラインケアコースってのは周りをメンタルヘルスにさせないための知識。上司としてどう振る舞えばいいかとか、職場環境の整え方とか。

試験の流れ

II種とIII種はマークシート。50問を2時間。
I種はマークシート2時間+論述1時間です。

実施日

11月と3月に行われます。I種は11月のみ。

出願方法

インターネットから出願できます。
申し込み

対策

書く問題はまったくないので覚えるだけです。
日本史とかの試験みたいに細かいところを突っ込まれるので、しっかり細かく覚えましょう。
厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進の指針」に書かれてる「心の健康づくり計画」とか「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」とか非常に見ないといけない資料が多くて何気につらいです。

そういや今までは毎年自殺者3万人超えてるっていう問題出てたけど、2012年は3万人切ったんでしたっけ。

合格後

カードが届きます。まあポイントカードみたいなものですけど。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す