swift3&OSX格闘記・はじめに

Author:
apple-clip-art

半年ほど前、現在windowsで開発している占星術ソフトのMac移植について考えていた。

とりあえず言語は何にしようか。
Macと言えばObjective-Cだけど、最近ブームのswiftのほうが都合いいか。

ってことでswiftでOSXアプリの開発を初めたのだが、これが非常に苦労だらけ。
ってことで今回の年末連載はこのswiftについてメモっていこうと思います。

今日を含めクリスマスまで25回更新。
一般的にアドベントカレンダーとか呼ばれるものですね。
ちなみに去年の年末連載はドラクエやってたんで今年もゲームやろうかな、とは思っていたけど時間の都合上お蔵入り。

ちなみにこの言語、個人的にもいらっとするところは多いです。
たぶんObjective-Cからswiftにした人は素晴らしいと思うのでしょうが、C#からswiftはやっぱり辛いのです。
クソ言語とか言う人もいるけど、appleがそういう方針なのでそれに従うしか無いですよね。
郷に入れば郷に従えとかいうし。

ただ自分はxamarinへの移行を考えてますけど。
それでもクラス名とかはほぼ同じなのであまり変わらないのかもねえ。
xamarinのstoryboardを開こうとするとXcodeが起動する素敵仕様だし、なんともまあ。

ってことでお楽しみにー。

Share on Facebook
Pocket