macに変えてイラッとすること

Author:

まあ一般的に言われていることですが、winよりmacのほうがいいと言う人がやっぱりネット上には多いのです。
特にプログラミングな世界は。
で、そういうのを見ていて自分もmacにしたい、と思う人。
macはmacで嫌なところも多いのです。

Enterでファイルを開けない

よくやりがちなのが、カーソルキーでファイルを選択してエンターキー。
windowsはこれでファイルを開けますが、macはそうもいかず。
ファイル名変更になるのです。

ターミナルのcontrolキー

macにはコマンドキー(⌘)とControlキーの二種類があります。
で、例えばSIGTERMを送るctrl+C。

これ、macでつい⌘+Cとか押してもコピーとしての動作になります。
同様の機能はControl+Cですね。
これはiTerm2とかでキーバインドを変えないとかなりイラッとくるので注意。
普通のエディタだとwindowsと操作感は似ているけど、ターミナルはwindowsに慣れている人ほどハマります。

スクリーンショット

windowsのSysRqとかPrtScreenはクリップボードに貼り付けられます。
だからペイント系のソフトでクリップボードから開くような動作ができます。
が、macはデスクトップ上にpngで書き出されます。
だからいちいちファイルを開いて編集したりトリミングした後、削除するなり移動しないとデスクトップがスクリーンショットだらけになるのです。
これ嫌なのよねえ。
変更するにもターミナル開いてコマンド打たないといけないとか。
一応クリップボードに貼り付けることもできるけど、⌘+Shift+Control+4+スペースとか指がつります。
alt+printScreenのwindowsのほうが手軽ですね。

新規作成

Macには右クリックして新規作成→txtファイルなんてことができません。
別途ソフトとか入れないといけません。
意外とこれ無いと不便なので注意。

Chrome

windowsだとF5でリロードかかりますが、macは⌘+Rです。
んでF12で開発者ツールが開きますが、macは⌘+Option+iです。
うっかり⌘+Shift+iを押してメーラーが起動することよくあります。

deleteキー

やっぱりdeleteキーが無いのはつらい。
fn+バックスペースで代用自体はできるけど、それ指二本要りますし。
windowsみたいに単一キーが存在すると、やっぱり使いづらさを感じます。
ファイル削除も同様。
⌘+バックスペースとかめんどいです。

キーボード

Macはappleしか出してません。
windowsの場合、ThinkPadの赤ポチがいいとかLet’s noteの丸トラックパッドがいいとか、2in1のセパレートがいいとか選択肢は多数あるけど、Macbookは選択肢がありません。
最近のMacはキーボードがやたら薄いけど、もっと打鍵がしっかりしたキーボードなんて選べません。
これ人によってはかなりのストレスになるので注意。

まとめ

とまあ色々書いてきましたが、慣れないうちは非常にmacにいらっときます。
macいいなーとか思っている人は、いざ使ったときに不満だらけになるのでご注意を。
隣の芝生は青いものです。

Facebook にシェア
Pocket