哀を愛してみよう

Author:

人間、常に明るく振る舞おうとしてもそれは無理ってもんです。
たまには悲しい思いに包まれることもあるでしょう。

でも、その悲しい思いに浸っている自分をよく見つめてみると、それもまた大切な事だと気付けるのです。

いつも笑っている人間でも、どんなにすごい人間でも悲しい思いを抱えたりします。
おそらくビル・ゲイツでもスティーブ・ジョブズでも孫正義でも。
人知れず色々な悲しみを抱えたりするものです。
やっぱり彼らもまた人間なんだから。


重要なポイントは、なんで悲しくなるのか、なんでこういう思いが湧いてくるのか。
理由もなく悲しい思いになるわけもなく、悲しい思いがわき出すのはそこに必ず理由があります。
楽しいことの反動だったり、嫌なことがあったり。そこに弱さがあったり。

でも、その自分を否定すること無く受け入れてあげましょう。
弱さを持っている。悲しい時に悲しむ。
そういう哀を、愛してみましょう。
そうすれば、また強い自分を生み出すことができます。


強い人ってのは自分の弱さを知っている人。そしてそれを受け入れている人です。
誰にだって弱さってものがあるわけで、その弱さをいかに他の人に頼れるか、
そこが大物になれるポイントなのでしょうね。


悲しみも怒りも、ネガティブな感情も大きければ大きいほど、
少しベクトルを切り替えるだけで大きな力になるものです。
逆にポジティブな力が強すぎる人は、少しベクトルを間違えてしまったら
大きなダメージになってしまいますので気をつけましょう。

Facebook にシェア
Pocket