忘れ物を減らすには

Author:

タチさんの記事。
自戒を込めて、チェックリストの罠

非常にあるあるですよね。
遠足の前とかチェックリストとかつけたのに、それでも忘れてしまう。
toodledoとかでもやりがちなミス。

改善策として見返すチェックをつけるってのはまあ確かにわかるのだけど。
それでもやっぱり100個チェックを見直す、なんてことしたら何度やっても見落としが出る。
人間なんてそんなものです。

ちょっと忘れ物を減らすにはどうしたらいいか考えてみましょうか。


まずチェックリストってのは、長くなると非常に見づらくなるのですよね。
なので、まずは区切りをつけてグループ分けする。
これは必須。

んで、ひとまとめにして置いておく。

タチさんの記事を見ると歯磨き粉忘れたらしいけど、
お泊りセットみたいなものを袋詰にして用意しておけば、それを入れるだけですんでしまう。

プロジェクターとケーブルとのセットなんて、一緒にしておけばよい。
そもそもそんなものカバンから出す必要さえ無い。
出すから入れるの忘れるのです。

旅行用バッグとか用意して、どうしても出さないと問題が出るもの以外は常時入れておけばいい。
防災用の非常バッグみたいに。

つまり、全部をひとまとめにしておくことでオールオアナッシングの状況にすればいいのですよね。
そうすれば一つカバンに入れるってことは全部入れられるってこと。


これが一つ。
もう一つは、そもそも持っていくものを極力減らす事。
以前非常にでかいバッグで地方のセミナー行くとか記事があったけど、
やっぱり持っていくものを増やせばそれだけ忘れ物も多くなりますよね。

だから、出来る限り荷物を減らす、そうすることが忘れ物を減らすコツでしょうか。


後はもう忘れ物をするの前提で、重要なものから入れていく。
チケットとかパソコンとかにランクSとかつけて、
それさえ入れておけば後はすべて忘れてもなんとかなると。
そうすれば最低限の目的は果たせるはず。


いくつか考えてみたけど、色々工夫して、
自分なりに忘れない方法を作っていけばいいかなと思います。
あれが駄目ならこれならどうだ、それが重要ですかね。

Facebook にシェア
Pocket