月曜日が楽しみになる世界を目指して

今週は3連休もあり、月曜日が休みでした。
そして、こう思う人もいるでしょう。
来週は4日頑張ればいい、4日すぎれば土曜日だ。
事実ツイッターを見ているとそういうつぶやきが多々見られる。

でも、そういうの好きじゃないなあ。
平日は頑張るものなのでしょうか。
平日はつらいものなのでしょうか。



ブロガー仲間のjMatsuzaki氏の台詞で、僕がすごく好きな台詞がある。

「たった2日のために、残り5日間をドブに捨てるのは間違っている」

これすごく同意。
僕は月曜日が楽しくなる、月曜日が苦じゃ無くなるという世界を理想の世界と考えている。
仕事は仕事で、プライベートはプライベートで楽しい物、それこそが理想じゃないのかな。
彼の場合会社員を飛び出して独立したけど、
それは会社員であろうと独立していようと関係ないですね。


今現在平日が頑張るものと思っている人は、
それを改善させる努力をしないといけない。
休日は2日だとすると、平日は2.5倍あるのだから。
そこがつらいって言ってたら人生の半分はつらい思いをするハメになる。

僕らは自分の心が輝く方向へ努力しなければならないのですよ。
これはもう義務なのですよ。


そのためには、まずどうしたら月曜日が苦じゃ無くなるだろうか、
そこを考えないといけないですよね。

もちろん、仕事をしつつっての前提で。
それを無くしたらただのニートだし、僕らは仕事せずには生きられない。
ならば仕事を楽しいものにしようではないか。


やりたい事を仕事にしろっていう本がたくさん出ていて、
そんなの無理っていう人もいるかもしれないけれど、
実際そういうことができている人もたくさんいるし。
そういう人とは結局仲良くできないだろうなあ。


そこをしっかり考えて、どうすればいいか考えている人はまだいいけど、
考えるのを諦めて社畜として生きるのだけはやめましょうね。
人生を出来る限り輝かせる、そこに全力を投じましょう。

Author Info(オガティ

エンジニアとして勤め、インフラ周りの開発を経た後Web業界へ異動。
プライベートでもブログ「ogatism」の運営や電子書籍の執筆、占星術師としての活動など幅広い分野で活動中。
詳細はこちら

占い鑑定レポート作成サービス受付中

◆ ogatismをFeedlyに登録 ◆
follow us in feedly