時間をかけるべきものとすぐやるもの

Author:
cup-of-coffee-01

物事にはすぐ終わるものとしばらく時間を置いたほうがいいものがあります。
寝かせる、つまりしばらく置いておくと気づかないものが出てくるのですね。
だからテストとかで早く終わったからと言って安心してはいけない。
時間を置くと、あれやっぱりこれおかしくない?ってのが出てくるのです。

だから早ければ早いほどミスも出やすい。
どうしてもミスしたくない時なんかは急いでやると逆効果なのです。
これはビジネスもそうだし、イラストとか作曲とかクリエイティブな作業みんな共通。

もちろん早いは早いでメリットもあります。
納期は早いほうが依頼者は嬉しいですよね。
が、喜んで欲しいからさっさと終わらせると場合によっては逆効果にもなり得るのです。

ソフトウェアの世界にバグゼロはあり得ない、と言われます。
気づかないだけで、必ず何かしらのバグは潜んでいるのです。
将棋のような無数に手があるゲームも、うっかり気づかない手ってありますよね。
それと同じように、クリエイティブの世界に携わる人は必ず見落としがあるということを覚えておきましょう。
もちろんだからと言って寝かしすぎたら作品は永遠に完成しないですし、そこの切り分けってけっこう難解ですが。

Share on Facebook
Pocket