ライブハウスはこんなところ

Author:
stage-in-blue-light

やっぱり好きなバンドがいない限りライブハウスなんて場所は行く機会もないわけで。
初めて行く場合、不安とか緊張がありますよね。
武道館とかアリーナとかは経験あってもライブハウスは経験ないって人も多いのでは。

ってことでライブハウスはどんな場所か、ライブハウスの楽しみ方なんかを簡単に説明しましょう。

入り口

ほとんどのライブハウスは防音のため、入り口が分厚い鉄の扉になっています。
近くに立て札とかあるので入り口自体に迷うことは無いのですが、やっぱりちょっと怖い。
でもまあ好きなバンドのためならがんばって入りましょう。
中も暗くて怖いけど、慣れればどうってことないです。

受付

だいたい入り口入ってすぐに受付があります。
入り口に窓があってそこで受付する場合もありますね。

まず確実にバンド経由で予約するでしょうから、どのバンドで予約した○○です、という感じに名前を名乗りましょう。
以前一度ミスか何かで予約されて無かったけどその場で名前を追加してくれたことありましたね。
ほとんどの場合、チケットを事前に払っている場合はワンドリンク代だけ、当日券の場合はワンドリンク+チケット代が取られます。
ワンドリンクはいつ頼んでもいいのでライブ前に頼むかライブ後に頼むかは自由です。
好きな時に頼みましょう。

ライブ会場

ライブハウスによって違いますが、ロビーみたいなところがあって物販コーナーも設置されている場合もあれば、物販コーナーもステージ内にある場合もあります。
前者はライブの音も入ってこないから気軽に物販担当の人とお話もできるのですが、後者はライブの合間じゃないと落ち着いて買えないのでタイミングを誤らないように。

なお、ライブハウスによってコインロッカーがある場合とない場合、あっても少ない場合などがあります。
盛り上がると荷物が邪魔になるので、大きい荷物を持って行く場合は事前にコインロッカーの有無を確認しておきましょう。

ライブ中

基本的に入退場は自由なので他のバンドのライブを見ても構いません。
適当に盛り上げてあげてもいいし、聞かなくてもいいです。

自分の目当てのバンドのライブが始まったら後はご自由に騒ぎましょう。
ヲタ芸とか打ったり動きの激しい振り付けとかする場合は周りに気を使いましょうね。
アレ、ぶつかって邪魔になったりして非難されることも多いですし。

後は写真撮影もSNSとかに出す場合は注意してね。

他にはそのライブ特有の振り付けとかパフォーマンスもあるので、周りがみんなやってたら自分もやってみましょう。

終了後

ライブ終わった後は自由です。
話せる場合はバンドの方に挨拶していきましょう。
が、基本的に外で出待ちとかしてたむろすと近隣住民の苦情が来るので、中にいるか帰るかどっちかにすること。
別に受付に帰りますとか言う必要は無いですが、再入場禁止の場合もあるから気をつけて。

まとめ

こんなもんでしょうか。
今までかれこれ5、6個位のバンドを見にライブハウス行ってきましたが、まあだいたいどれもこんな感じだったかな。
この情報をもとにライブを楽しみましょう!

Share on Facebook
Pocket