Linuxを使うならショートカットキーは覚えよう

Author:
terminal

どうにも他人がターミナルをいじっているのを見ると、ショートカットキーを使いこなしている人って少ないなあと思う。
ってことでターミナルを使うのなら覚えておくべきショートカットキーを教えましょう。

ctrl + A、ctrl + E

カーソル移動の定番。
ctrl + Aはカーソルを先頭に、ctrl + Eは末尾に移動させます。
コマンドプロンプトのHomeとEndですね。

ctrl + U、ctrl + K

カーソルより前の文字もしくは後の文字を全て削除。
バックスペースをずっと押しっぱなしにするより圧倒的に早いです。

ctrl + D

カーソルがある文字を削除します。
いわゆるDeleteキーですね。

ctrl + R

historyから検索をします。
過去にmysqlを使った場合、ctrl + Rを押してmyくらいまで入力すれば候補が出てくるのでいちいち入力する必要が無いです。

ctrl + L

画面表示をクリアさせます。
けっこう覚えておくと便利。

ctrl + S、ctrl + Q

これは画面をフリーズさせるコマンド。
ダーっと文字列が出た時にctrl + Sを押すとスクロールが止まります。
うっかり打ってしまうと何を押しても反応がなくなるので壊れた?と思ってしまいがち。
そういう時はctrl + Qで解除させましょうね。

他にもmetaキー(altキー)を使いこなすとさらに便利にはなるけど、とりあえずこれくらい覚えておくと便利です。
mysqlやnodeなどのコマンドラインでも使えるのでしっかり勉強しましょうね。

Share on Facebook
Pocket