Linux mint cinnamonのdesklet開発奮闘記 第三回 style適用

Author:

自分がお気に入りのLinux mint cinnamon Editionにはdeskletというガジェット機能があります。
こいつの開発手法が国内国外問わず殆どないため、試行錯誤しながら現在学んでいるのですが。
ある程度分かってきたのでメモを残していこうと思います。

第三回は見栄えをやりましょうか。スタイルシートです。

第一回はこちら
第二回はこちら

ファイル名

ファイル名は固定で、stylesheet.cssとなります。
ソースからの指定は不要となります。
ここに普通にスタイルを書いていけばいいです。
CSS3のサポートはどこまでされているのか知らんけど、基本的なものは使えます。
適当なサンプル見たら、

.container {
    padding: 10px 5px 5px 5px;
    font-size: 15px;
    font-weight: bold;
    text-align: center;
    background-color: #303030;
    border-radius: 10px;
}

こんな感じでした。

クラス適用

クラスはStのオブジェクトに設定します。

new St.Label({text: "Hello", style_class: "container"})

こんな感じで。
定義後の変数に追加する場合はadd_style_class_nameかな。
htmlみたいにbtn.style = “font-size:12px”とかで設定してもOKです。

icon.png

icon.pngというファイルを置いておくとインストール時にアイコンが出ます。
このサイズは48px,48pxの透過pngみたいです。
これも指定は不要。

screenshot.png

これは公開時のみ使うファイル。
ローカルインストール時では使わないっぽいです。
サイズは特に無いのかな。

まとめ

とりあえず今回はこんなもんで。
次回はsettingあたり見ましょうかね。

次回へ続く。
第四回はこちら

Facebook にシェア
Pocket