Laravelの基本的な書き方

フレームワークによってModelやViewの読み込み方って地味に違いますよねえ。
こんな感じに書きます。

ちなみにこれはroutes.phpにRoute::controllerと設定した場合ですね。
Route::resourceで設定した場合はgetIndexではなくindexになります。

[php]
namespace App\Http\Controllers;
// モデルの定義
use App\User;

class HomeController extends Controller
{
public function __construct()
{
}

public function getIndex()
{
// モデルはnewでインスタンス生成が必要
$user = new User;

// モデル関数の呼び方は普通に
$activeUsers = $user->getActiveUsers();

// ビューを呼ぶ
// 変数は第二引数にarrayで渡す
return view('home.index', ['activeUsers' => $activeUsers]);
}
}
[/php]

Laravelの使い方とかのまとめ

Author Info(オガティ

エンジニアとして勤め、インフラ周りの開発を経た後Web業界へ異動。
プライベートでもブログ「ogatism」の運営や電子書籍の執筆、占星術師としての活動など幅広い分野で活動中。
詳細はこちら

占い鑑定レポート作成サービス受付中

◆ ogatismをFeedlyに登録 ◆
follow us in feedly