なぜLaravelが人気になったのか

Author:

ここ数年で突然Laravelの人気が上昇しましたよね。
その理由は一体何でしょうか。
少し考えてみましょう。

CodeIgniterのライセンス問題

軽量フレームワーク、CodeIgniterというものがあります。
が、このフレームワーク、数年前にライセンス関連でごたごたがあったのですよ。
んでユーザーが離れて、そこでLaravelに火がついたと言われています。
もちろんそれもあるのでしょうが、Laravelはそこそこ重量なフレームワーク。
軽量を選択するならPhalconになるでしょうか。
ってことで、これだけが理由じゃないですね。

自由なフレームワーク

このフレームワーク、使ってみると分かるのですがとことん自由な印象を受けます。
まずModelディレクトリが無いし、MVCにこだわらないというのがポイント。
Web系フレームワークはModelとViewが離れすぎな、いわゆるMVC2と呼ばれる形になりがちですがこいつではそんなこともなく。
極端な話、routeだけでも開発できてしまいます。

一般的に設定より規約とか言われがちですが、このフレームワークはそんなの完全無視なフレームワークですからね。
もちろん短所にもなるけど長所にもなるし。
クラス単位で自由に書けばいいじゃん、という印象を受けるのです。

最新機能搭載

Laravel5.4からはwebpackを標準搭載だったり、package.jsonの中にはvue.jsがデフォルトで入っていたり、かなり最新の流行を追っているな、という印象を受けます。
そんなわけでこのフレームワークを追いかけていけばwebの最前線についていけるというわけ。
個人的に革新的なのはすばらしい。

まとめ

もちろん使うにはそれなりの癖があるし、javaとかc#とかから入ってきた人はすんなり行けるものの、phpのwebフレームワークをやってきた人にはとっつきにくいかも。
が、やっぱりオブジェクト志向っぽいフレームワークであり、非常に好きなフレームワークですね。

Facebook にシェア
Pocket