久瑠あさ美さんの『自分を超える勇気 魔物に打ち勝つメンタル術』を読んでみた

Author:

メンタルトレーナーをやっていらっしゃる久瑠さん。
僕も一度初回診断に行って会ったことあるのですが、とても素敵な女性です。
何より美人だし。
僕けっこうこの人のファンなのですよ。

そんな久瑠さんの最新刊『自分を超える勇気 魔物に打ち勝つメンタル術』が
発売されたとの事なので、早速読んでみました。

この本には頻繁に「魔物」という言葉が出てきます。
その魔物とはなにかというと、要は自分なのですよね。
いわゆる現状を変えることからの恐れとかそういうものを魔物と定義してます。

魔物の正体を一言でいえば、自分の潜在意識の中に潜む「恐怖心」です。その恐怖とは未知のものに対する、人間の本能的な感情なのです。

でも魔物と出会うことは全然悪いことではなく、むしろどんどん魔物と出会えと。
魔物と退治する方法ではなく、魔物と出会うことに価値があると訴えています。

魔物に遭遇するということは、自らの限界を超え、前に進もうとしていることの証だからです。人は自らの潜在意識のうちにある魔物と出会うことで、次のステージに進むことができるのです。魔物と向き合うことを避けては、さらなる成長は見込めません。

んで、自分はそれと戦うヒーローであれと。
ヒーローを探すんじゃなくて、自分自身がヒーローであれと言っています。

皆が憧れるスターでなくていい、「自分が自分に熱くなるヒーローになれ」。私はそう伝え続けています。
誰の中にもヒーローは眠っています。

浅田真央さんや羽生結弦さん、イチローさんなどが魔物と退治する実例などもあり、
分かりやすいですね。

基本的には彼女の他の著書と同様に、Want、イマジネーション、
マインド・ビューポイントについての説明が多いですが、
今回はマインド塾初回講座で僕が受けた診断テストも乗っています。
たしか僕はストイックタイプだったかな。

その人その人によって潜在能力の伸ばし方に違いがあり、
どんなふうに自分を成長させていいかという実例も書かれていたり、
マインド塾ってどんなところなんだろうという人はまずこれ読むといいかも。
彼女の本読むのもう7冊か8冊目くらいだけど、
このテスト載ってるのはこの本だけだし。

一応200ページあるけど、ベスト新書の本なので文字数はそんなに多くない。
さくっと読めました。
やっぱりこの人の本は読みやすい。
難しい言い回しがない分浅く感じるかもしれないけど、いい本ですよ。

久瑠あさ美さんの「マインドバイブル」を読んでみた
久瑠あさ美さんの「小さな自分から脱皮する心の授業」を読んでみた
久瑠あさ美さんの「メンタルトレーニングで美人は創れる」を読んでみた
久瑠あさ美さんの「マリアスイッチで愛する力が動き出す」を読んでみた
久瑠あさ美「72時間をあなたの手帳で管理すれば、仕事は劇的にうまくいく」を読んでみた
久瑠あさ美さんの『マインドの創り方』を読んでみた
久瑠あさ美さんの『このまま何もしないでいればあなたは一年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』を読んでみた

Facebook にシェア
Pocket