久瑠あさ美さんの「小さな自分から脱皮する心の授業」を読んでみた

Author:
Colorful Books

最近僕がよく交流している久瑠あさ美さんの新刊が出たとのことで、早速読んでみました。
相変わらずどんどん本を書きますなあ。
先日会った時は書きたいことがどんどん出てくると言ってたけど、全部違う出版社から出しているってのはそれだけ本を書いてくれというオファーも多いのだろうな、と驚き。

さてこの本、ページをめくった瞬間、ドキッとしたw

努力すればするほど、凡人になる。
真面目さは武器にならない。

なんか耳が痛いですw
まあ現実的になりすぎてしまう、って事かとは思いますが。
努力って嫌いじゃないので少しうーむ、と思ってしまいますねえ。

てか久瑠さんの本はまえがきがすごく好きなのですが、今回もまたすばらしい。

夢を夢のままにしない。
恋を恋のまま終わらせない。
自分を「いまの自分」で終わらせない。
成功を掴めるのは運のいい人間だけ。
そんなふうに思わないでほしい。

なんか心に響きますねえ。

この本は久瑠さんが2年位かけて書いた本らしいけど、読んでびっくりQA本。
何か究極のメソッドでも書かれているのかと思ってたからちょっと意外。
一応一章二章じゃなくて1時限目、2時限目という章立てになっていますが。
まあ今までのメンタルトレーニングでこんな質問が来たんだろうなあと想像させられますね。

読んでいて思ったのは、けっこう色々なジャンルで書いているから、人によって必要な部分が違うだろうなあと。
3時限目の仕事関連が響く人もいるだろうし、4時限目の恋愛が心に響く人もいるだろう。
逆に自分はここがすごく良いけどこっちは全然何も感じないってのもありそうですね。
僕はやっぱり5時限目のあなたの将来が心に残りました。

「そこそこ上手くいっているし、せっかく、いま問題なくやっているんだから」

僕もこれには苦しめられました。でもやっぱりこのままじゃ茹でガエルになる。
こういう時は変わらざるをえない状況に身を置くしかないのですよね。そうすりゃ嫌でも変わる。

この本は久瑠さん本にしては珍しくワークが無いし、さくっと読めてしまう。
でもこれ、そうだよねー、とか分かってるよ、とか簡単に読んでしまうのは危険なような。
分かっているようで全然分かっていない、そんな気がしました。

きっと、もっと成長してから読めばまた違う印象を受けるのかもしれないですね。

久瑠あさ美さんの『第2回読者の会』に行ってきました
久瑠あさ美さん『読者の会』に行ってきました
久瑠あさ美さんの「メンタルトレーニングで美人は創れる」を読んでみた
久瑠あさ美さんの「マリアスイッチで愛する力が動き出す」を読んでみた
久瑠あさ美「72時間をあなたの手帳で管理すれば、仕事は劇的にうまくいく」を読んでみた
久瑠あさ美さんの『自分を超える勇気 魔物に打ち勝つメンタル術』を読んでみた
久瑠あさ美さんの『マインドの創り方』を読んでみた
久瑠あさ美さんの『このまま何もしないでいればあなたは一年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』を読んでみた

Share on Facebook
Pocket