僕は、キミの輝きを見たいんだ。

Author:

キミは、いつからその言葉を言ってたっけ。
いつか輝く、って。
会うたびにその言葉言って、僕はいつも応援して。
でも、いつになってもキミは行動しなかった。

僕は笑ってたけど、本当は悲しかったんだよ。
キミは、いつも言葉だけだったから。

ねえ、いつになったら行動するの?
いつになったら輝こうとするの?
夢を見るのはとても良い事、でも
夢を見てるだけってのはとても悪い事。

僕は、キミの輝きを見たいんだ。
僕は、キミが羽ばたく姿を見たいんだ。
キミなら輝けると思ってる。
キミなら夢を実現できると思ってる。

だから、行こうよ。
夢を叶えに。


って、なんじゃこりゃwww
自分で書いててよく分からないwww

というのも、僕が愛用しているメモツール、GoogleKeepにこんな言葉が入っていて。
いや、当然自分で入れたんだけど。
布団の中で思いついてスマホからポチっとしたんだろうけど。
何でこんな言葉入れたのか思い出せない笑

まあいいや。
なんかポエムっぽい記事にしてしまえ、というノリで書いてしまった。


それにしてもポエムなんて書かないからある意味斬新ですな。
文章ってやつはジャンルによってもずいぶん変わるから、
こういう文章は書けるけどこういう文章は書けないってのがありますよね。

思考を形にするのはこの一年散々書いてきたからだいぶマシになってきたものの、
小説書けなんて言われたら絶対書けないと思うし。
書けるようになったほうがいいか、というと別に書けなくてもいいのですが、
そういう文章にも挑戦してみると色々幅は広がるのかもしれない。

和食をひたすら勉強している人が、中華とかイタリアンとかを勉強してみたら
より味に深みを出せるようになった、とかありかもしれないし。


たまには違った書き方をしてみると隠し味的に面白いかもしれませんね。

Facebook にシェア
Pocket