jQueryのバージョンの違いは認識しておこう

Author:
jquery_diff

jQueryというライブラリは当然ながらバージョンによって使える関数が違う。
これが実は時に厄介になり、使えなかった関数が使えるようになるのはいいものの、過去に使えていた関数が使えなくなる場合もある。
そしてほとんどの解説サイトはどのバージョンの解説か書いていない事がほとんど。
サンプルを探してきたと思ったら使えなかったりすることもある。

だからjQueryのバージョンと使える関数ってのは把握しておいたほうがいいのです。

適当にサンプルとか探していると$(“.aaa”).click(function() {という書き方を見かけるでしょうが、実は1.7でon関数が出てきて以来あまり推奨される書き方ではなくなり、すべてon関数で実装するのが推奨されていたりする。
$(“.parent”).on(“click”, “.aaa”, function() {が良い書き方らしい。
1.6でpropとattrでトラブルが出たように、新しい書き方を常に知っておかないと面倒なことになるのですよね。

css3は1.8とか1.9じゃないと対応できないし、そもそも1系を使うか2系を使うかってのも悩みどころ。
自分は1から作ることはほとんど無いのですでに実装されているものを使っているけど、1.9からはtoggle関数が使えなかったりと何気にいろいろな変化があるので注意しましょ。

現に以前1.8でtoggle関数を使ってたら1.9で消えるよ、とか書いてあってtoggleClassに変更したという経験があり。

常時jQueryをアップデートするようなプロジェクトなんてそうそう無いだろうけど、だからこそ一気にアップデートする可能性があるわけで。
そうなると一気に作り変えなんてことが起こるかもしれないので運用には十分注意しましょうね。

Share on Facebook
Pocket