jMatsuzaki 1st Liveに参加してきました

Author:
jm

土曜日にjMatsuzaki氏のライブへ参加してきました。
「システム屋から音楽家へ」というたった11文字で自分自身を表現してきた熱き男。
6年の月日を経てライブを再開したとのことです。

ライブハウスなんて行くの3年ぶりくらいかなあ。

jMatsuzakiという男

初めてこの男を見かけたのは確か、自分が色々仕事にうまく行っていなかった2012年。
どうにかできないものとネットを探して見つけたのがアシタノレシピというブログメディアでした。
「私の愛しいアップルパイへ」そう書かれたブログは他の執筆陣とはひと味違いましたね。

で、興味を持ち始めて2013年、現在も定期的に交流している友人、勉強会プロデューサーベッキー主催のセミナーで彼を見かけ、それから定期的にセミナー行ったり共に飲んだりする関係となってはや3年。
彼はついにライブ会場へと復帰を果たしたのでした。

jMatsuzaki手製のアップルパイを食べてきた
jMatsuzaki Night行ってきました
日本最強おいしいとこ取り1Day勉強会「勉強会フェス2013」行ってきました

ライブハウス

今回のライブハウスは西川口Live House Heartsというところ。
まず驚きなのが地上に入り口があり、でかい看板が立っている。
しかも中はけっこうお洒落。

マジっすか。ライブハウスと言えば地下にあって古くさい階段の奥にある重い扉、というのが常識でしょ。近隣住民とか大丈夫なんですかねえ。

想像以上のライブ

1stライブだし対バンだし、そこまで大きな規模にはならないと思っていたのですよ。
別に荷物もコインロッカーとか入れずに持ったままでいいな、と思っていたのですよ。

ところがどっこい。
めっちゃ人がいるじゃないですか。
そしてめっちゃ熱いじゃないですか。

いやー、正直びっくりした。
想像を遥かに超えていて大成功のライブでしたねえ。

この男これで想像以上にナイーブなところあるし、初めて会った頃はやっぱり背伸びしている感もあった。
色々葛藤と不安と迷い悩みと抱えてきたんだと思うけど、この数年でだいぶ吹っ切れましたね。

素直にカッコ良かったです。

次の戦略は

さてここまではいいとして。
彼の今後の戦略はある意味楽しみですな。

今後ブログと音楽の関係性とか、セミナーとか今後どうしていくのか、システム屋としての仕事などなど考えることは多い。
人気バンドとして進んで事務所と契約してプロのミュージシャン、なんて道は他の一般のバンドと変わらないし。

このライブは一つのゴールではあるけど、やっとスタート地点に立ったとも言える。
ここからどういう舵を取っていくか、楽しみにしていますよ。

まとめ

なんか久しぶりに会う人もいたし、最近のライフエンジンの人とかもいたし、独立前後で出会った僕らと最近jMatsuzakiを知った人と以前のバンド時代から知っていた人、新旧入り混じった感じで久々にすっきりしましたね。
今後を楽しみにしています!

Share on Facebook
Pocket