【資格支援部】ヤコブ・ニールセンのユーザーインターフェース10ヶ条

Author:

ヤコブ・ニールセンのユーザーインターフェース10ヶ条。

1.システム状態の視認性を高める
ダウンロード中のプログレスバーとか、今システムが何をやっているのか分からせること。
NOW LOADINGがずっと続くのはよくない。ゲーム機ほとんどだめじゃんw
3DSのゲームダウンロード、いつまでかかるのが分からないのは良くないですよね。

2.実環境に合ったシステムを構築する
誰が見ても分かるようにしろ、ってこと。
ITの世界は難しい用語が多いから注意です。

3.ユーザーにコントロールの主導権と自由度を与える
ユーザーがコントロール速度とかをいじれる、かな。
マウスの速度とか、ゲームの文字の早さとかってところでしょうか。

4.一貫性と標準化を保持する
以前とあるシステムで「ください。」と「下さい。」が混在してていちいち修正させました。

5.エラーの発生を事前に防止する
どんなことやっても大丈夫なようにできているか。

6.記憶しなくても、見ればわかるようなデザインを行う
毎回毎回説明書とか引っぱり出さなくてもちゃんと分かるか?
CUI系はいつもhelpとかmanとか見てる気がするけど。。。

7.柔軟性と効率性を持たせる
ツールバーのカスタマイズとかショートカットとか。

8.最小限で美しいデザインを施す
これはなかなか難しい。餅は餅屋へ。

9.ユーザーによるエラー認識、診断、回復をサポートする
Microsoftはここらへん良くないですなあ。

10. ヘルプとマニュアルを用意する
ソフトウェア業界はヘルプがおざなりになる。良くないです。

Facebook にシェア
Pocket