それは本当に必要か

Author:

オガティさんはIT業界に努めているのもあってガジェットやらPCやらに興味を持ちやすい。
ってことで、やっぱりchromebookが気になっている。
欲しいなあ。

でも、実際買っても使う理由が無い気がするw
surface以上に使えるとは思えないし。
ネットブックの時とおんなじだ。

他にもスマートウォッチだとかガジェット系で欲しいものは
色々あるんだけど、別に今のままでも困らなかったりするのですよねえ。
Surface 3も欲しいけど、まだそこまでSurface 2を使い込んでいるわけでもない。
Macも欲しいけど、そこまで手が回る気がしない。

好奇心旺盛なのはいいんだけど、必要か必要じゃないか、じゃなくて
面白そうかで選ぶとものが溢れて仕方ない。
確かにブログネタとしてはいいかもしれないけど、
安い買い物じゃないし、そんなにお金持ちじゃないです。

むしろ子供のほうがお金に余裕が無い分、
無駄はなかったのかもしれないですなあ。
その気になれば買えてしまうのがいかん。


ってことで、それは本当に欲しいか?と問いかけてみると、
だいたい無くても困らなかったりする。
でもそうすると、何も人生に大きな動きが無くなって保守的になる。
好奇心を押し殺すような事になるし。
それはそれで良くもないですね。

となると、年に数回ならネタ的な買い物をしてもいいとか、
別に貯金してその範囲なら使ってもいいか、とか
そういう方向に向かうのが吉か。
当たり前といえば当たり前なのですが。


もう長年自分と過ごしていると、自分の飽きっぽさもよく分かってるしね。
一ヶ月とか三ヶ月とか経って、それでも欲しいなら買ってもいいのかも。

ってわけでもないか。
欲しいと欲しくないはけっこう交互に訪れるし。
波は激しいし。

欲しいと思ったら欲しいチェックをつけて、
それが100個くらいたまったら買ってもいいとかいうルールづけとかも面白いかも。


何にしろ、もうちょっと我慢しましょ。

Facebook にシェア
Pocket