声をかけられる側の人間へ

Author:
022

自分、立食パーティーのような懇親会ってあまり好きじゃないのですよね。
知り合いの多いところならともかく、新規開拓のような場所だと色々な人に声をかけていかないといけないから。
別に知らない人に話すことができないってわけじゃないけど、あまりそういう事しない時の法が多い。
別にこの人と無理に話さなくてもいいや、と思うことが多いのですよ。

実際のところ会える人とは会えるし、話せる人とは話せる。
頑張って交流を広げる、は間違いですね。

知名度が上がれば勝手に話してくる人は増えるし、別に美味しい料理が出ればそれを堪能するだけでも楽しめる。
ちょっと前は積極的に声をかけないと、と思うことも多かったけど最近は積極的に人脈を増やそうとするのを辞めたかも。
実際会って名刺交換するのはいいけど、その後交流が無い人も多いし。
とりあえずSNSでつながったはいいものの、相手がrom専で交流も何もない、なんて事も多い。

ってことでよほど話したい人とかつながりたい人がいない限り、積極的に声をかける事はあまりないのです。
もちろん自然に交流が増えるってことも多いけど。
参加者の会とかができるくらい密な交流がある場所とかはまあ交流も増えやすい。
が、無料イベントの懇親会とか、お互いが同じ方向を向いていないような場所だと交流を増やしてもその先が続かない事が非常に多い。

成功者なんかは逆に交流したい、と思う人ばかり寄ってきてめんどくさい、とかいう話を聞いたこともあるけど、自分も声をかける側より声をかけられたくなる、そんな人間になりたいものです。

Share on Facebook
Pocket