内発的動機づけと外発的動機づけ

Author:

モチベーションとは、動機づけという意味です。

慣性の法則というものがあるように、人々が行動するには、
止まっている状態を動かす力が必要となります。
その動かす力、それこそがモチベーションなのです。

さて、この動機づけというものには「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」の2種類が存在します。

前者は自分の内部にモチベーションが存在します。
例えば「映画を観に行きたい」とかそういったもの。
対して後者は自分の外側にモチベーションが存在します。
「やらないと叱られるから」とか「褒められるから」で行動するパターンですね。

何かが続かないという人は、この違いを理解してみると色々発見があるんじゃないですかね。


例えば、ブログが続かないという人。
そういう人は、外発的動機づけでブログを書いているのです。
自分を知ってほしいからとか、アクセス数が欲しいとか。

しかしブログが続く人ってのはアクセス数とかよりも、ブログが楽しいからとか
ブログをやりたいからとかいう理由でブログを書いているのです。

報酬が無かろうとやろうとする活動はだいたい内発的動機づけですね。


そして、大体の場合内発的動機づけのほうが強いエネルギーを産み出します。
金のために仕事をする、とか家族のために仕事をする、ってのは悪いことじゃないけど、
やっぱり疲れますよね。
もしかしたら自分のやりたいことじゃないかもしれないのだから。

だから、仕事をしたくてたまらないとか、仕事が楽しくてしかたない、
そう思えるようになればもっと仕事に対する成果が出るようになるでしょう。

そうすれば当然報酬がついてくる。
内発的動機づけを満たすことで、結果的に外発的動機づけも満たされるようになるのです。


じゃあどうすれば内発的動機づけを磨くことができるか。


まずは自分が何をしたいかを見つけることですよね。
自分の情熱。自分が熱中するもの。
そういうのを追い求めていくことです。

そしてそれをマッチさせるような行動にシフトさせていきましょう。
ゲーミフィケーションってやつはゲームをするように行動して、行動させて
内発的動機づけを引き起こそうとする考え方なのです。


さて、あなたは今どちらの動機付けで行動しているでしょうか?

Facebook にシェア
Pocket