優先順位をつけないと、あれもこれも症候群になってしまう

Author:

なんか最近、周りに余裕が無いとか時間がないとか、やりたい事がありすぎという人が多い気がする。
でも結局どんな人にも時間は平等に与えられていて、その時間をどれに分配するか、それしかないです。

さて時間が足りない場合どうすればいいか、と。
結局方法は2つしかないのですよね。

やりたい事を捨てるか、やってる事を圧縮するか。
クローゼットにこれ以上入らない場合、古い洋服を捨てるか収納を見なおしてスペースを空けるか、基本これ以外にないです。
クローゼットを大きくすることができないのですから。


タスク管理をしっかりやっている人なら、これにはこれだけの時間が掛かるし、あれにはこれだけの時間がかかるって時間を見積もれる分、これ以上はどうやってもできないって分かるでしょう。
でも、タスク管理を知らない人は現実的な限界がわからないから、あれもしたいこれもしたい、もっとしたいもっともっとしたいという、あれもこれも症候群に陥ってしまうのですね。


そのためにも、優先順位をしっかりつけましょう。
何を差し置いてもやりたい事から時間を収納するクローゼットに入れていきましょう。
余ったものはどうしようもないです。自分にとって優先事項が低いのだから、無理やり数分でも数秒でもやるか、やらないか。もしくは隔週毎に取っ替え引っ替えやるか。

どうするかは自由ですが、一度自分の時間の使い方を見なおしてみるとけっこう色々なことができたりしますよ。

Facebook にシェア
Pocket