アイデアなんてものは著作権で管理されないのだからどんどんパクってしまえ

Author:
13597144015Um

知らない人も多いかもしれないのだが、実はアイデアというものは著作権の対象外なのである。
そのため、ポケットから不思議な道具を出すネコ型ロボットとか怒りによって金髪に変身する宇宙人とか作っても誰も怒ることはできないのだ。
キャラクターまでそっくり同じにしたり、名前をパクったりすると著作権および登録商標の侵害になってしまうのだが。

著作権はあくまで「創作性」を保護するものである。
ネタやアイデアは創作物では無いのです。それは特許権というものです。

んで名称というものは商標権の範疇なのです。
勘違いしないように。

たまに似たようなコンセプトの商品を作った人に対して著作権の侵害だ、と怒る人がいる。
しかし物理的な見た目が違っていたらおそらく著作物とは言えないでしょうね。
場合によっては意匠権の侵害になるかもしれないけど。

ってことで創作をする人は面白いネタを見つけたらどんどん自分のものにしてしまってはいいのです。
もちろん絵とか芸術に限らずブログの書き方なんかもそれに含まれるし。
パクリはオリジナルを超えることは無い、という話もあるけど2048とかパズドラとかもパクリのようなものだし、ドラクエだってウルティマ+ウィザードリィである。

結局世の中パクリで成り立ってきたのですよ。
だから恐れること無くネタはパクりましょう。
キャラクターや文章はパクったら駄目だけど。

クリエイティブな世界にいる人はここら辺のことしっかり勉強しておきましょう。
万一訴えたくなっても、ここら辺勉強しておかないと恥かくだけですから。

Share on Facebook
Pocket