やっぱりITという世界が好きらしい

Author:

こういうコアな話は万人向けじゃなくて申し訳ないのだが。
どうも自分はやっぱりこのITという分野が好きらしい。

そんなわけで先程からWebサーバーと格闘中。
なぜか想定通りに動かなくて、あれー?あれー?ってやっている。

先ほど少々オペレーションミスをしてVMware上のCentOSを破損してしまって。
少し作りなおそうかな、と思って再インストール。
そしたらなぜかhttpdがうまく動いてくれない。


トップディレクトリに/wwwと作ってDocumentRootとDirectoryの設定を修正したが403。
おっかしいなあ。パーミッションは755でも777でもダメ。

/var/www/htmlに戻すと動くのでhttpd本体がおかしい訳ではなさそう。
ためしに/xxxと作ってみる。

動いた。
あれー??

[root@localhost /]# ls -ld /www /www/index.html /xxx /xxx/index.html
drwxr-xr-x. 2 root root 4096 3月 22 21:25 2014 /www
-rw-rw-rw-. 1 root root 4 3月 22 21:20 2014 /www/index.html
drwxr-xr-x. 2 root root 4096 3月 22 22:17 2014 /xxx
-rw-rw-rw-. 1 root root 4 3月 22 22:17 2014 /xxx/index.html

DocumentRootおよびDirectoryの設定を/wwwにすると動かず、/xxxにすると動く。
んで/xxx/1/index.htmlを作ってみたらこれも403。
どうなってるんじゃこりゃー。


パーミッションは問題ない。
htaccessも関係ないはずだし、confのどこを見ても問題なさそうに見えるのだが。

httpdのエラーログにはpermission deniedが出ているからVMとかブラウザとかが悪いわけでも無いし。
ありそうなのは他のconfとかで余計に上書きされているとか、
どっか見落としているかなのだが。

httpd2.2系はバグが多いのかなあ。
こんな話もあるし。

→ 謎の403
→ error 403 forbidden on virtual host


しっかし数時間格闘できるって、やっぱり自分ってこういう事好きなんですかねえ。
我ながらよくやるよ。。

<追記>
原因はSELinuxでした。。。
お前かあ!!!!
全部表示させないならわかるのに、中途半端に表示させないでよー。

Facebook にシェア
Pocket