知らないんじゃなくて、知ろうとしないのではないか

これこれやってみたい、とか何かしてみたい、と言う人に限って何もしていない人がいる。
だいたいそういう人は、やり方が分からないと。
分からないのに、調べようとしない。
だからやれない。



僕は初めてホームページ作る時、どうやるのか全然分からずかなり試行錯誤しました。
おかげでhtmlについてもある程度理解できました。
これは他のIT周りの事ほとんどに言えることです。
言語を学ぶのも、電子書籍出すのも、チマチマ調べながらやったものです。

そういう自分から調べる、という努力が自分を強くしてきたのです。
別に自分一人で学べ、と言いたいわけではないです。
ただやってみたいけど難しそう、とかやってみたいけどやり方分からない、なんて事をいつまで言っていてもできるようになりません。

ってことで本当にやりたいのなら、さっさと調べるか聞くかしましょう。
少しくらい図々しくなってもいいのでは無いでしょうか。
てかこの世の中図々しくなったもの勝ち、と言えなくもないかもしれない。

実際のところ世の中にあるものって、すでに誰かが知っていることばかりなのですから。
そこら中にホームページが溢れているのですから。
そんなうじうじやっている間に、他の人はどんどん先へ進んでいってしまいます。
そしてためらいが生じるのは、自分が深くコミットメントしていないから、つまり本当はやりたくないからなのでは無いでしょうか、って思ってしまいますね。

質問されるのが嫌いなエンジニアとかIT関係者って多いし、新人とかだと質問するのが怖いと思うかもしれないですけど、僕は別に聞くのはいいと思いますよ。ググレカスと言う事が無いとは言わないけど、ここを調べろとかこれで調べろとかヒントは出すかと。
でも、聞きもしない調べもしない、そんな人はさすがにどうしようもないですなあ。。

Author Info(オガティ

エンジニアとして勤め、インフラ周りの開発を経た後Web業界へ異動。
プライベートでもブログ「ogatism」の運営や電子書籍の執筆、占星術師としての活動など幅広い分野で活動中。
詳細はこちら

占い鑑定レポート作成サービス受付中

◆ ogatismをFeedlyに登録 ◆
follow us in feedly