自分に正直に。

Author:

ここのところ世間を騒がせている都議会のセクハラ発言。
なんか発言した人物が分かったらしいですね。

あんまり突っ込んで書くつもりはないけど、
個人的に言いたいのは過去の発言覚えていますか?と。
なんだか質問内容に対する回答が一貫していなくて見ていて気持ち悪い。

ちょっと前、とある女性が過去に離婚しました、というブログ記事を書いたのですが、
なんだか最近その記事を消したらしくて。
何故消したのかも分からないし、本人は何も語ってないし、
過去の発言を無かったものにするみたいで、あまり気持よくない。


そして、人間生きていくうちに考え方が変わる。
だから、昔ブログに書いたことと今ブログに書いていることが変わる事もある。
それはそれで仕方なくて、それに対して突っ込まれる人もたまに見かける。

そういう時も、過去は確かにそう思っていました、
でも今はこういう理由で考えが変わりました、で済む話。

過去の考えと違うから過去を消すってのは強引すぎかな、と。


何にしろ過去に言ったことはいくら隠そうとしても隠せないし。
Webに書いたものはだいたいキャッシュに残るし、魚拓とか取られているかもしれない。
だから、もみ消そうとか記憶に無いとか、その手のたぐいはもう通用しないのですよね。
そういうものを隠そうとすればするほど証拠が見つかってますます立場が悪くなる。

マスコミってのは過去の発言を漁るのが好きだし。
ネットにもそういう人たくさんいるし。


ミスはミスでいいのです。
失敗は失敗でいいのです。
人間なんだから。

たとえ取り返しがつかない失敗だろうと、それは過去でしか無いのだから。
現実をしっかり見据えて、それと向き合って、
それをしっかり受け止めないと進んでいくことはできないだろうなあと思うのですよねえ。

しっかし政治の世界はどうしてこうなのだろうか。
一人一人マイクを用意して録音させれば問題は無くなる?
そういう問題じゃないか。
倫理観とかそういう問題を解決しなければならないのかね。


政治ってのはあまり詳しくないので突っ込んで書くことはしないけど、
自分の発言に責任を持ちましょう。
特に個人に発言するときは、一対一でもその台詞を言えるか、
そこをしっかり認識するべきですね。

Facebook にシェア
Pocket