暇つぶしという言葉を研究と言ってみるとすごく輝いて見える

Author:

今日もすることがなくて、ただぼーっとするだけ。
本も飽きた。SNSも面白い投稿が無い。テレビ見てもつまらない。
暇つぶしにゲームでもするか。

はい、ちょっと待った。
そこで暇つぶしという言葉を使わずに、研究と置き換えてみましょう。

こんな感じに。

暇だしマリオ早解きでもしよう
→マリオでどれだけ早くゴールできるか研究してみよう

暇だしソリティアやろう
→どんな状況でもクリアできるためにはどうすればいいか研究してみよう

暇だしドラクエで仲間集めしよう
→ドラクエでモンスターが仲間になる乱数について研究してみよう

ほら、なんかかっこよくなったでしょ?
暇つぶし、というと周りから敬遠されたり自分自身でもなんか嫌な気になるけど、研究という言葉に置き換えてみただけですごくかっこよく輝いて見える。

要は言い方次第ってこと。人間たまには暇になる時だってあります。それが何か後ろめたい気分になった時は言い替えてみると輝けるのです。


言葉にはエネルギーってものがあるから、マイナスのエネルギーを持つ言葉を言い続けると心もマイナス方向に向かってしまいますよね。意識的にプラスの言葉に置き換える癖をつけてみましょう。


ぱっと思いついた言葉が「研究」だったけど、他にも面白い言葉が色々あるかなと思います。
それを探してみるのも楽しいですね。

関連記事

ドラクエが僕に根気をくれた
なんだかんだやってしまう事
人間が成長するには

Facebook にシェア
Pocket