ハードディスクは劣化するもの

Author:
treno-regionale

何年もパソコンを使っていると気づかなくなるのですが、やっぱり使えば使うほどパソコンの処理速度ってのは劣化します。
特にハードディスク。
何年も使うと明らかに処理速度は落ちます。
が、ずっと使っていると気づかないんですよねえ。
いつの間にか相当遅くなっていることに。

ってことで、3年くらい使っているパソコンがあったら、それは相当動作が遅くなっているはずです。
残念なことにハードディスクを使っている以上、限界があるのですよ。
で、新しいマシンに替えたりディスクを交換するとものすごく早く感じるのです。
実際は今まで使っていたやつの本来の速度に戻っただけということもありますが。

ってことで、2年くらい使ったらそろそろ買い替えのためにお金を溜めておかないと、いざ壊れた時どうしようもなくなります。
うちも去年MacBook、今年SurfaceBook買っているので壊れても替えはあるものの、デスクトップマシンのHDDはそろそろどうにかしないと。
もろもろの事情で英語版のwindowsを入れたいと思っているから、時期を見て入れ替えますかね。

まだまだ普通にPCは動くと思っていても、ハードディスクはやっぱりディスクなので油断禁物。
故障ももちろん困りますが、速度改善のためにもそんなに長く使わないほうが良いですよ。
もちろん費用はそれなりにかかるので、換え時を見極める必要はありますがね。

Share on Facebook
Pocket