あえてハードモードを選んでしまう

Author:
man-jumping

最近ロックマンクラシックスコレクションのチャレンジモードでイライラしているのだけど、こんなハードプレイをしていればそりゃいらつきますわな。
ただでさえ難しいロックマンの難所を制限時間内にくぐり抜けろ、なんて普通に考えればアホである。
が、それでもやってしまうのはなぜだろう。
結局のところ、自分を追い込みたいのかもしれないなあ、と思うのですよ。

昔はドラクエ3とかも防御攻撃とか当たり前にやっていたし、ドラクエ4ではカジノコインの裏技を使っていた。
すわなちイージーモードである。
それがいつの間にか物足りなくなった、というか本来の楽しみ方になった、というか。
あえて難易度を高くしている感がある。

なんだかんだ言って人間ってそういうところあるのかもしれないですね。
刺激に慣れてしまうというか。
ゲームに限らず、もっと甘いものとかもっと辛いものとか食もそうだし。
もっと優しくしてとかもっと激しくして(?)とか人間関係もあるし。

というわけで普通にロックマンをクリア出来てしまう自分には、ちょっとくらい制限をつけないと物足りなくなってしまっているようだ。
しかしチャレンジモード10番目のイエローデビルをポーズ技使わないでゴールドなんて取れるのだろうか。
ゴールドを取る条件は4分以内、なのに4分10秒も切れない。
youtubeとかで見てもポーズ技使ってるし、それを前提として作られているのかねえ。

Share on Facebook
Pocket