伸ばしたくないものが伸びた時

Author:

たまーに、意図しないものが伸びたり、
意図したものが伸びなかったりすることがありますね。
うちらブロガーの記事やYouTube/ニコニコの動画、
もしくは企業のプロダクトなどなど。

さて、本来伸びるとは思えなかったものが伸びた時、どうしましょと。
それを伸ばす?
それとも伸ばしたかったものを伸ばす?

どうも力を入れたものほど伸びないってのはよくある事みたいで。
ここ1ヶ月ほど嫌われる勇気の記事のアクセスが爆発的になっていたし。
なんで今さらこれが伸びるんだと不思議に思っていたり。

原因はやっぱりよくわからないけど、自分のブログSEOにもそこそこ強いから
本の感想とかはGoogle検索1ページに入りやすいし、
その影響なのかなーと思っている。

他にもvmware関連はうちのブログでアクセスが結構良かったり。
これも全然力を入れていなくて、それでもアクセス多いのでちょっと追記したり。


んでメインで書いているマインド系記事はどうかというと、
イマイチアクセスは伸びないのですよね。
100いくことはほぼない。
嫌われる勇気は10000超え、vmwareも数千なのに。

だからアクセスを増やす、という目的では書評とか技術系の記事書いたほうが
アクセスは増えるのですね。
ただそれはあまりメインコンテンツとするつもりもなく。
さてどっちを伸ばすか、と。


これ先日会った会社さんでも似たようなことが起きているらしく、
本来の会社のメインコンテンツよりも
別にやっているコンテンツのほうが知名度が高くなってしまっていると。

うちらはあくまで個人の世界なのでどっちを伸ばしてもいいけど、
企業となると大変ですよね。

そういう場合はやっぱり会社のビジョンを見直すべきか。
会社がどういう事業をやりたいか。
予期せずに伸びたコンテンツは確かに企業としては魅力だけど、
会社が進みたい方向と違うならやっぱりどこかで見切りをつけないといけないっしょ。


ってことで会社はやっぱりビジョンが大事だと思う今日このごろでした。

Facebook にシェア
Pocket